クレジットカード所有者が憧れるのは

社会人になれば持つ機会も増えるであろうクレジットカードですが、クレジットカード所有者が憧れるのはゴールドカード、ブラックカードやプラチナカードではないでしょうか。

 

正直、ブラックカードやプラチナカードは作るのはとても厳しいですが、ゴールドカードであればそこまで高い審査基準を求められてはいないのです。私自身ゴールドカードを所持しています。派遣社員の時代にそのゴールドカードを手にしました。

 

一昔前まではゴールドカードの取得の為には、30歳以上で年収500万以上などの高い審査基準が求められていました。ですが、今は少し状況が違うのです。それはヤングゴールドカードというものの存在が影響していると言えます。

 

このカードの特徴は原則は20代の時にしか持つことができないカードなのです。なぜこのようなカードをクレジット会社は作ったのでしょう。

 

答えは想像に難くないです。

 

将来のゴールドカードホルダーを前もって確保し、優待特典や年会費の値下げによって会社に親近感を与え長く自社の顧客になってもらおうと思っている為です。

 

そして、その後に正規のゴールドカード所持者になるのです。こういったクレジット会社の考え方により、ヤングゴールドカードの存在がある訳です。この影響で登場したのが低年会費のゴールドカードの存在になります。

 

これも同じように将来のゴールドカードホルダーの抱え込みを目的にしているわけです。

 

いずれにしても私たちにとってはこの状況は歓迎すべきことではないでしょうか。

 

通常のクレジットカードの審査は仕事をしてきちんと収入を得ていれば比較的簡単に作れますので、そこでカードを使用しきちんと信用を作っていければ、近いうちにゴールドカードを作ることは可能になってくるのです。

 

冒頭でも触れましたが、私は20代前半で派遣社員という不安定な職種でありながらゴールドカードを作ることができました。おそらくは信用のおかげなのだと思います。

 

皆さんも自分の収入状況を把握し、できるだけ支払いをクレジットで行えばゴールドカードの入手も近いのではないでしょうか

 

【おすすめページ】