カードは一枚は持っておきたいです

クレジットカードはショッピングにはもちろん、ネットでのサービスの利用や公共料金の支払、そして急いでお金を必要としているときのキャッシング、海外での利用など様々な場面で活躍してくれるとても便利な存在です。

 

カードは一枚は持っておきたいですが、まずは申込が必要となります。

 

申込方法は必要書類に記入して郵送する方法や、店舗で申し込みを行う方法、さらにインターネットから申し込む方法もあります。そして、カードは申し込みをしたらすぐに利用できるというわけではなく、審査が行われそれがクリアした方のみに発行されることとなります。

 

クレジットカードを利用すると決済は後日となりますが、必ず返済できる能力が必要となりますので、クレジットカード会社からしてもその人の情報を調べるのは当然と言えるでしょう。審査ではどういった部分がチェックされるのかということになりますが、まずは明確な居住場所が必要となりますし、さらに安定した収入があるか、返済能力があるかなどが確認されることとなります。

 

それゆえにまったく収入のない方の場合はやはり難しいと言えます。申込書は年齢や勤続年数、職種、勤務先、年収や居住年数、住居形態、家族構成などが記入されることとなり、こうした項目からその人の信用を調べていくこととなります。そして審査基準はカード会社によって違いがあり、ある会社ではクリアできなくても、別の会社ではカードが作れる場合もあります。

 

特に重視されるのはその人の返済能力ですので、年齢や定職、年収についてはよく確認されることとなりますが、やはり勤続年数が長く、年収の高い方のほうが有利になる傾向があります。新卒などの若い世代の場合は勤続年数が短くて当然ですので、こちらはあまり影響はないと言えます。

 

それから現在借入があるかどうかということもチェックされることとなります。この場合もやはりキャッシングなどで借入がない人のほうがより高い信用を得られると言えます。

 

【おすすめページ】日本政策金融公庫 制度融資の具体例