審査に落ちてしまった経験

私は数年前にクレジットカードの審査に落ちてしまった経験があります。

 

落ちてしまった正確な理由をカード会社から教えてもらったわけではありませんが、多分このせいで落とされてしまったのだろうという心当たりは自分であります。

 

ちょうど、カードの発行を申請した頃は、自分自身の離婚協議が大詰めを迎えていた時期に重なっていたのですが、申請書を提出した時点ではまだ正式に離婚が成立していなかったので、家族構成を記入する欄に夫の名前も記入して出しました。

 

しかし、申請書を提出した後すぐに戸籍の上で離婚が成立しました。ですから、カード会社が私の個人情報を実際に審査していた時点では、既に私は独身だったということになります。私自身も仕事をしていましたから、別に離婚しても無収入になるわけではありませんでした。

 

でも一応念のために、離婚が成立した時点で、カード会社には電話で事情を説明したのですが、落とされてしまいました。

 

それまで、自分名義のクレジットカードを作っていなかったため、大きな買い物をする時用に、なるべく早くカードを作っておきたいと思いましたので、落とされてすぐに正しい家族構成に書き直して申請書類を提出し直したのですが、また落とされてしまいました。

 

年収や勤続年数の条件などはクリアしているはずでしたから、なぜ落とされてしまうのかわからなかったのですが、知人から半年待ってから申請し直すとよいとのアドバイスを受けてその通りにしてみたところ、本当に審査を通りました。詳しいことはよくわからないのですが、一度申請を却下されると、個人信用情報機関に落とされたという事実が記載されてしまうので、立て続けに申請書を出してもまた却下されてしまうことが多いのだそうです。

 

別に、借金があるとか、他社で滞納の履歴があるといったケースではなくても、申請が通らずに落とされてしまったという履歴があると、本人に何らかの不備があったとみなされることになってしまい、しばらくの間は自動的に却下されることになってしまうようです。

 

ですので、クレジットカードの発行を申請して落とされてしまったという人は、半年位あけてからまた申請してみることをおすすめします。

 

【おすすめページ】