どのようなことが審査の対象になるか

クレジットカードを発行をするには、審査を受けることが必要になります。

 

どのようなことが審査の対象になるかについてですが、申込書に書かれた個人情報の中で、特に重要視されている項目は、年齢と勤務先についてです。

 

若者か中高年かによって、信用度が変わってきますし、勤務先によって安定した大企業や公務員なのか、零細の中小企業なのかがわかりますので、これによって返済能力などが判明します。クレジットカード会社は、カード発行後の焦げ付きのリスクを回避するために、申し込み者は安定した収入を得て返済能力があるか、どこに住んでいるのかを中心に調査をすることになります。

 

クレジットカード会社は、申し込み者が記載した個人情報を元にした調査とともに、過去に他社で支払いが滞ったりしたことがないかや、現在他社から借り入れがないかなどについて、信用情報機関を活用して調査を行います。

 

この調査によって、申し込み者が過去に延滞を繰り返しているなどの事実が判明した場合には、カードの発行はかなり難しくなります。

 

一般にカード会社の審査に通りやすい人は、過去に他社で返済が滞ったりしたことがなく、年齢や年収が高くて、勤務先も上場企業や公務員で、住居が持ち家である場合には、高い確率でカードの発行は可能になります。

 

自由業や自営業、派遣社員などの非正規雇用の形態で働いている人は、カードの発行が難しいケースが多いです。

 

職業の中で最もカード会社からの評価が高いものは、開業医と弁護士であり、その次に高い評価を得ているのは公務員です。

 

これらの職業に就いている人は、かなりの高い確率でカードの発行は可能です。

 

若者の場合は、一人暮らしよりも両親と同居をしている方がカードが発行できる確率は高まります。

 

一人暮らしをしている若者の場合、最近は携帯電話の普及で、固定電話を引いていない若者が多いですが、固定電話を引いている方が、カードが発行できる確率は高くなります。

 

【おすすめページ】農事組合法人の設立費用